いずれにせよ、多住宅者はすでにかなり低迷しており、
制度がめまぐるしく変わったので、分譲を受けて残金を準備する方々には、かなり混乱することが加重されますね。 まず、心配事が先に立つと思います。 DSR規制に入れば残金融資の割合が減る可能性もあるという懸念でしょう」 調整対象地域の投機過熱地区を選定する際にも、同様の問題があったはずです。​「新築マンションの入居残金問題が浮き彫りになれば、入居量が多く集まっているところは大乱になることもありうるという判断もあります。​新築マンション分譲権入居権残金融資規制問題​1.中途金貸し出しは規制しない​「中途金の融資はDSR規制対象外」。韓国政府は今年7月から、金融機関別に適用していた元利金返済比率(DSR)を、来週末から全面導入する方針を固めた。 土地·オフィステル·商店街などの非住宅ローンに対する規​ 分譲権を購入される方々、または入居時に分譲者に買収する場合​비대면폰테크 中途金貸しはDSR規制をしないという方針が立ちました。 これはしてはいけませんね。 代わりに分譲権を買う方々は知りません。 そして、分譲を受けた方がやむを得ず売却する時に買収される方は、規制が入る可能性が高いです。​●DSR規制でマンション入居に支障? 「既分譲の残金融資は問題ない」12·16対策の際、入居者公告日基準の経過規定…当局「前例どおり指針づくり」(ソウル=聯合ニュース)キム·ナムグォン、キム·ダヘ記者=「以前分譲を受けて残金融資を控えたマンションにも個人別負債元利金返済比率(DSR)40%の規制が適用されるが、「すでに入居者公募が行われた事業所なら、規制をかけるのは難しいです。​既存の政策を見ても残金では規制確率が低く見えますが、転売または登記後に買収する方が規制の可能性があるでしょう。​譲渡税から色々と売るのも複雑ではあります。 あまりに規制が多くて複雑だからこの部分はよく見なければならないようです. 居住期間に該当するかどうかも調べなければなりません。とにかく色々入り乱れていますね。​​3.入居時点での取引の可能性​このようになれば、既存の分譲者を不可避な問題として扱うことも困難です。 当然買収勢力は付かないでしょう。 流れの上では、そうではあります。​しかし、また、政府与党で無住宅者の方については新しい基準を作っているので、状況は予想できません。 確かに分譲価格に比べてプレミアムが高くなっているのは考えられないかもしれませんね。​いずれにせよ、多住宅者はすでにかなり躊躇しているので、DSR規制は市場全般に影響を与えざるを得ないと判断します。​それが新築マンションの萎縮と6億以下の構築マンションの活性化になるか、それとも全体が萎縮するかは見守らなければならないことです。

制度がめまぐるしく変わったので、分譲を受けて残金を準備する方々には、かなり混乱することが加重されますね。 まず、心配事が先に立つと思います。 DSR規制に入れば残金融資の割合が減る可能性もあるという懸念でしょう」 調整対象地域の投機過熱地区を選定する際にも、同様の問題があったはずです。

「新築マンションの入居残金問題が浮き彫りになれば、入居量が多く集まっているところは大乱になることもありうるという判断もあります。

新築マンション分譲権入居権残金融資規制問題

1.中途金貸し出しは規制しない

「中途金の融資はDSR規制対象外」。
韓国政府は今年7月から、金融機関別に適用していた元利金返済比率(DSR)を、来週末から全面導入する方針を固めた。 土地·オフィステル·商店街などの非住宅ローンに対する規

  1. 分譲権を購入される方々、または入居時に分譲者に買収する場合

    비대면폰테크 中途金貸しはDSR規制をしないという方針が立ちました。 これはしてはいけませんね。 代わりに分譲権を買う方々は知りません。 そして、分譲を受けた方がやむを得ず売却する時に買収される方は、規制が入る可能性が高いです。

    ●DSR規制でマンション入居に支障? 「既分譲の残金融資は問題ない」
    12·16対策の際、入居者公告日基準の経過規定…当局「前例どおり指針づくり」(ソウル=聯合ニュース)キム·ナムグォン、キム·ダヘ記者=「以前分譲を受けて残金融資を控えたマンションにも個人別負債元利金返済比率(DSR)40%の規制が適用されるが、
    「すでに入居者公募が行われた事業所なら、規制をかけるのは難しいです。

    既存の政策を見ても残金では規制確率が低く見えますが、転売または登記後に買収する方が規制の可能性があるでしょう。

    譲渡税から色々と売るのも複雑ではあります。 あまりに規制が多くて複雑だからこの部分はよく見なければならないようです. 居住期間に該当するかどうかも調べなければなりません。とにかく色々入り乱れていますね。


    3.入居時点での取引の可能性

    このようになれば、既存の分譲者を不可避な問題として扱うことも困難です。 当然買収勢力は付かないでしょう。 流れの上では、そうではあります。

    しかし、また、政府与党で無住宅者の方については新しい基準を作っているので、状況は予想できません。 確かに分譲価格に比べてプレミアムが高くなっているのは考えられないかもしれませんね。

    いずれにせよ、多住宅者はすでにかなり躊躇しているので、
    DSR規制は市場全般に影響を与えざるを得ないと判断します。

    それが新築マンションの萎縮と6億以下の構築マンションの活性化になるか、それとも全体が萎縮するかは見守らなければならないことです。

답글 남기기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다